勉強に精が出る。やり気が出る環境で実力を伸ばそう

難問をクリアする

医学部予備校の利用方法について

医学部予備校に通う生徒は近年増加しています。これは医学部受験を目指す学生が増えたためです。少子化によって受験生全体の数は減っていますが、教育に力を入れる家庭はそれとは反比例に増加しているのです。そのため、医学部や法学部などの難関学部を受験する学生も増えているというわけです。そうした背景の中、大手予備校ではなく医学部予備校が選ばれる理由というのは、少人数制の授業を行ってくれるからです。大手予備校の場合は、受講する生徒が非常に多いため、なかなか講師との距離が縮まりません。少人数制の授業だと、物理的にも心理的にも非常に近い距離で授業を受けることができます。また、質問もしやすいので、疑問をあとに残さないというのもメリットです。こうした特徴がありますので、医学部予備校に通う学生は、存分に活用してみてください。

授業料の相場について

医学部予備校に通う学生が増えたと前述しました。それは少人数制の授業スタイルが人気の理由だからですが、それでは授業料はどうなっているのでしょうか。ここでは、大手予備校の平均的な授業料と医学部予備校の平均的な授業料を比較してみたいと思います。まず、大手予備校の場合は年間で90万円台が相場になっています。高いところだと100万円を若干超えるところもあります。それに対して、医学部予備校の年間授業料は160万円です。これは大手予備校の約2倍です。かなり金額に差があります。しかしながら、この授業料には夏期講習会や冬期講習会の費用も入っています。そのため、授業時間自体は大手予備校よりも長いので、単純な比較はできません。授業料に見合うだけの授業をやっているからこそ医学部予備校に通う学生が増加しているとも言えます。