タイミングと学び方 | 勉強に精が出る。やり気が出る環境で実力を伸ばそう

勉強に精が出る。やり気が出る環境で実力を伸ばそう

タイミングと学び方

いつから始めればいい、どんな教材を使えばいいかについて

最近はこどもの英会話教育について議論されることが多いです。習わせたいお稽古の上位には「英会話」が入っています。 お稽古以外に家庭で英会話を学ぶには、いつから始めればいいのかを我が家の体験でお話したいと思います。 まず時期です。小学校就学前から始めることをお勧めします。ただし、日本語をある程度習得して以降が望ましいではないでしょうか。 小学校では、一年生で週に数回程度英語の授業があります。就学少し前から、こどもといっしょに英語という日本語以外で話す国々があることを学ぶきっかけづくりをしました。 次に教材についてです。ストーリ性のある絵本を活用しました。英語を単語で認識するのではなく、ストーリーの中で単語の使い方を理解できるようになります。 また、登場人物の会話が多い絵本を活用しました。

家庭だけでは難しい英会話、やはり実践が大切です。

家庭での英語教材(主に絵本の朗読)を通じてどれほど英会話ができるようになるかは、我が家の場合(小学低学年)はまだ実践中であります。 しかし、家族が英会話を自然と話している状況でないかぎり、家庭のみでの習得は難しいのではないかと思います。 もちろん英会話のお稽古に行き、実際にネイティブの方と会話をすることができると一番いいのですが、お稽古場が近くにない場合もあります。 そんな時は、やはり学校の英会話の授業をしっかり楽しみ学ぶことが地道ながら重要です。授業時間は限られますが、こどもが授業に興味を持って取り組む姿勢や、英語は楽しいもっと学びたいと思わせるよう、こどもの意識をもっていきたいです。 我が家も、英語が身近に感じるよう家庭で取り入れ、実践の機会も増やしていけたらと思います。